目立たず痛みの少ない矯正治療

インビザライン

マウスピース矯正は、従来の矯正(ワイヤー矯正)と違い、目立たず取り外しができる透明に近いマウスピース型の矯正装置を使った歯科矯正法です。

一人ひとりの歯に合わせて作製される矯正装置を装着し、治療の段階に合わせて新しい装置に交換しながら徐々に歯を動かし、無理なく歯並びを矯正します。

弾性のあるマウスピース素材で少しずつ歯を動かしていくという方法のため、従来のワイヤー矯正と比べて痛みが少なく治療を進めることができます。

オーダーメイドのマウスピースは、透明ですので周囲から目立つこともありません。同様に目立ちにくい矯正治療として、リンガルブラケット矯正(歯の裏側に矯正装置を取り付ける方法)がありますが、取り外しがしやすく、毎日のお手入れが楽に行えます。

当院が使用する「インビザライン」は治療効果が高く、安全に矯正治療をすることができます。

マウスピース矯正装着

インビザラインについて

インビザラインは米国のアラインテクノロジー社が1999年から、提供を開始した歯列矯正です。これまでに100ヵ国以上の国で扱われ、900万人以上の方がインビザラインで治療を受けています。これはマウスピース矯正としては、世界一の実績数です。(2020年10月時点)

インビザラインロゴ

従来の矯正治療との違い

矯正の種類 マウスピース矯正マウスピース矯正 メタルブラケット矯正メタルブラケット矯正
目立ちにくさ
◎
透明マウスピースのため目立たない
×
歯の表面に金属を装着するので目立つ
取り外しの可否
◎
可能
×
不可能
痛みの少なさ
○
ブラケットを使用しないため、痛みが生じることがほとんど無い
△
金属装着特有の装置の不快感がある
抜歯の有無
◎
抜かない矯正治療に適している
△
歯を並べるスペースを作るために歯を抜く場合がある
金属アレルギー
◎
金属を使用しないためアレルギーの心配が無い
×
金属使用による金属アレルギーがある
ケアのしやすさ
◎
取り外しが出来るため歯のケアがしやすい
△
取り外しが出来ないので、歯のケアが難しい

より高精度で快適な治療のために

iTero

矯正治療でまず重要なことは、「正確に口腔内の状況を把握する」ということです。そのため当院では、口腔内スキャナーiTero(アイテロ)を導入しました。

iTeroを使用することで、わずか1分ほどで正確な口腔内のスキャンデータを得ることができるようになりました。従来の歯の型取りのようにシリコン製の粘土を口に入れる必要がないため、苦しい思いをすることがありません。また、より高精度な情報を得ることができるため、精密なマウスピース制作を行うことができます。

なお、スキャニングデータを活用して、治療前後のシミュレーションをお見せします。治療前に理想のお口の状態を共有できますので、ご不安少なく治療に臨んでいただけます。

マウスピース矯正の対象年齢

成人マウスピース矯正

永久歯が生えそろった中学生・高校生(12~16歳頃)以上の全ての方。

成人マウスピース矯正

小児マウスピース矯正

永久歯が出てくる6~7歳から永久歯が萌え揃う12~13歳位のお子さま。

小児マウスピース矯正

※矯正の開始時期については、患者様の歯列の状態、歯の健康状態には個人差がありますので、詳しくはご相談ください。

ご予約・お問い合わせ048-970-4666

診療予約